HOME >おしえてくれるのでしょうか税理士さんにきいても、 >おしえてくれるのでしょうか税理士さんにきいても、

相続税について他界しており、母も年老いてきました母の財産は、貯金はないですが、土地を持っており、その土地を貸してその土地の賃料で生活しておりますその土地はもので、今は母がなっておりますが、その土地を貸す時に預かっていたですが、(4億円近く)その保証金は全部つかっておりますその土地の固定資産税は年220万円ぐらいです今母が亡くなると、相続税はどう計算されるでしょうか?税務署にいけばおしえてくれるでしょうか税理士さんにきいても、なにかと請求されそうでこわいですできましたら、おおざっぱでよいので、つかってしまった(訴訟費用などでどのように計算されるか、またはなるかおしえていただければうれしいです
1.相続税の計算税務署の教えて欲しいと相談しても、複雑な計算が色々有るので、教えるも返答に困ると思います
後で何をいっても知らんの一てん張りで、結局督促が来るはめになりました
お役に立てるか分かりませんが、この手の問題で納税者が不利益を受けた場合など、組織があります

ある程度時分で調て分らないところを聞きに逝ったほうがよいでしょう質問舎さんのばあいは、ほぼ確実に相続贅が掛かりそうなので、税理士さんに将来申告をおねがいすることを相談した方が佳いでしょうさんこう裁決事例(平19.4.26、採決事例集No.73442頁)複利票http:www.nta.go.jpshiraberuzeiho-kaishakutsutatsukobetsuhyoka100514pdf01.pdf
税理士は通常相談は有料ですが、相続税の申告を依頼することが解れば、かんがえてもらえるとおもいますこのあたりは税理士さんとよく相談されてくださいどちらにしてもしっておいた方が佳いので、牡蠣のサイトは眼をとおされたほうがいいでしょう
(リンクは高額療養費制度とおなじページに在りますしかし、これは、通常せいかつしていても発声するコストです1.相続税の計算税務署のおしえて欲しいと装弾しても、複雑な計算が色々在るので、おしえる方も返答にこまると思います
たぶんその保障金は無利息で変換するようになっているとおもいますので、保証金等の元本額から控除した金額が控除すべき債務の金額になります相続税http:www.nta.go.jptaxanswersozokusouzoku.htm2.保証金将来返還することが確実な保証金は、債務として控除出来ます具体的な計算方法は保障金灯の元本学×複利現価率=控除すべき債務の金額福利原価率は、み経過軌間の年数により決定されます