銀行系ローンは悩ましい時期

銀行系ローンは悩ましい時期に来ています。
銀行系ローンとは一般に銀行が個人向けに扱うローンのことを指します。
大きく分けると有担保の長期不動産ローン短期無担保のカードローンやマイカーローンのものを指します。
普通は個人向け事業性ローン、収益物件融資などは銀行系ローンのカテゴリーには入れないものです。
これらのローンで一番悩ましい点は、収益原資が給与所得など目的物件と関係の無い収入源に頼らねばならないところです。



そのため、銀行系ローンのうち、不動産担保ローンなどは最終償還までの償還可能性はきわめて難しいものとなります。
加えて、住宅ローンと異なり、債務者がローンの目的物に対して執着心が低いため、延滞となる可能性は高いのです。
そうなると、債務償還を担保するものは、その目的物である不動産にたよらずを得ないので、その価値の評価は慎重にならざるを得ません。
そうなれば取組姿勢が慎重すぎる銀行ローンと言われる結果になります。



また、無担保のカードローンのような銀行系ローンは、低金利競争が進んでいるため、今後の方向性を見極めることが難しくなってきています。
改正貸金業法施行以来、ネット銀行が中心となって、消費者ローン利用者の肩代わり中心に残高増加競争が進みました。
その結果金利が低下しまう状況となりました。
銀行が一番恐れているのは、その金利で信用コストが賄えるかどうかです。
残高が増えた時期が最近なのでデフォルトは多くない状況のようなのですが、もし増えた場合どうするか悩ましいものです。

Leave a Reply