消費者に安心感を与える銀行系ローン

不景気でない年がない日本で、消費者金融の利用者が増え続けているようです。
私も同様で、夏にどうしても借り入れが必要になり、どの会社で借りるかを検討しました。
低金利の銀行で借りたかったのですが審査が厳しく、もう3度断られていたので諦めました。
インターネットであるていどの情報を集めましたが、やはり、大手銀行系ローンは安心感が違い、そちらでお願いしました。
銀行よりも審査が厳しくはなく、金利も通常の消費者金融よりは安く、私のように銀行で融資をうけられない人には最適かもしれません。

景気低迷とともに社会問題になった消費者金融ですが、法整備がなされ、大手銀行の参入により、以前にはなかった銀行家ローンとゆう形態ができたことは、利用する側にとっては安心して借り入れができる材料であり、銀行側にとっても預金や投資、保険商品の低価格化などで下った利益を補う手段でもあるのでしょう。

消費者金融のイメージが銀行系ローンのおかげで良くなっている風潮も感じられます。
しかし、別の見方をすると、借り入れへのハードルが下がったとも言えるので、借りるときはあくまで自分の裁量の範囲内で、利息を含めて返していくものだと肝に銘じなければいけません。
利用者側として、安心して生活ができることは、何より返済へのモチベーションにもかかわることですので、借りた側、貸した側、ともに利益のある関係でいられるシステムであり続けてほしいと思います。

Leave a Reply