人工知能なら話は別です

AIと量子我々の脳と同じです

しかしこれにも問題は残ります。それは、間違った行動をさせてしまうリスクを払しょくできないという点です。
人は、過去の経験則において優位性を持った行動をとるものです。ところが未来に起こりうる事象を完全に予想することはできません。つまり、時に間違いを起こすものです。
人工知能を自律的に動作させるには、同様の間違いを許容しながらも、その発生を最小限に抑える必要があるかもしれません。これを自動運転システムに例えるならば、事故を起こす可能性をゼ口にはできないものの、人間の事故率よりは極めて少ない運転を実現する方法といえます。
この良し悪しが倫理的にどうであるのかの言及は避けますが、文字は存在しないのかもしれません。

ロボットにという確信めいたものがあるのは事実です

柔軟性ある思考には、完璧という今後の人工知能の進化過程においては、この点について十分に考慮していく必要がありそうです。
結果的にロボット工学三原則は機能することがない-自律的判断が可能な人工知能に三原則は有効となるか人工知能は今後、加速度的な進化を遂げていくことでしょう。よって近い将来において、自我を持ち自意識のもとで自律的な判断ができる人工知能が出来Eがる可能性は否定できません。また人工知能が人間の能力を凌駕し、シンギュラリティ技術的特異点が実際に到来するかもしれません。さて、このような強い人工知能が実現したならば、先のロボット工学三原則の適用は有効となるでしょうか。

 

Watsonのトレーニングを実施しました

人工知能に対する差別化が図れます人工知能が細菌や虫のように群れを成して

確かに三原則を守らせることで、人間はロボットや人工知能からの脅威を払しょくすることができそうです。ところが、人工知能が自我を持ち自意識のもとで自律的な判断ができる能力を持った瞬間、この三原則は、人工知能によって否定されてしまうはずです「人工知能が人類を敵視するようになるとでも?
いえいえ。この段階においても、人工知能が感情を持てるかどうかはわかりません。ですからsF小説や映画のような展開において、人工知能が人類を滅ぼすという展開になるのは、少々論理の飛躍のような気がします。むしろ、ロボット工学三原則が、論理的に矛盾があることに、人工知能は気づく可能性が高いといえます。
これは、ロボット工学三原則の「ロボット」の部分を「人間」に、「人間」
き換えたうえで、人間工学三原則として人間が実行できるかを考えてみれば、けるかと思います。

人工知能どうアクションするかを判断していきますでは実際に書き換えてみることにしましょう。
猿を守る人間三原則の部分を「猿」に置簡単にご理解いただ【第1条】人間は猿に危害を加えてはならない。
危害を及ぼしてはならない。
また、その危険を看過することによって、猿に【第二条】人間は猿に与えられた命令に服従しなければならない。
第一条に反する場合はこの限りではなぃ。
ただし、与えられた命令が【第三条】人間は、第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない-人工知能により三原則が無効化されるリスク少々滑稽に思えるかもしれませんが、仮にこれを人間が守らなければならないと猿から指示を受けたとします。
テクノロジーの損得や可否という単純で二律背反的な結論ではなく
テクノロジーの損得や可否という単純で二律背反的な結論ではなく

人工知能の姿はそれが定常的に循環する形である

人工知能が自ら物事を学ぶ教師なし学習ですあなたはこれに従うことができますでしょうか第一条は、問題なく遵守できるはずです。問題は第11条と第三条です。「人間が猿に与えられた命令に服従すしなければならないという部分、どのように思われるでしょうかの指示に従っていたら、世の中機能しなくなるではないか」
とは思われないでしょうか。猿は独自の社会を築くことには成功していますが、猿に人間の社会を管理する能力はありません。また、これまで積み上げてきた学問や技術、文化を、猿は理解することができません。

AIエンジンということになります

つまりこの指示は実行に値しない規則であると、人間であれば誰もが瞬時に理解することができるわけです。
また、猿に与えられた命令に反する恐れのない限りにおいて、自己を守ることができるわけですから、猿が死ねといえば死ななければなりません。これもまた、随分と理不尽な話です。
さて、人間の能力を超越した人工知能が、この矛盾、もしくは理不尽な要求に従うとは思えません。人工知能から見たロボット工学三原則は、合理性に欠けているからです。未来において、彼らは自我を持ち自意識のもとで自律的な判断能力を有しています。このような規則は、真っ先に否定するのは目に見えているわけです。
さて、いかがだったでしょうか。人工知能の進化は、これまで人類が経験したことのない新たな状況を生み出そうとしています。AIue価値とはということではないだろうか


人工知能が細菌や虫のように群れを成して 人工知能の研究において コンピューターインタフェイスをさらに進化させ